香港の公的年金と非課税の繰延年金!? どうやって選べばいいの? それはあなた自身の状況による!

28.jpg

近年、香港人民政府は、企業年金制度を積極的に開発・推進することで、国民が比較的若いうちに老後の生活に必要な知識を準備することを奨励することができます。 年金制度の経済は大きく分けて2種類あり、通称「香港年金公団年金制度」は、2018年に香港年金公団有限公司がスルーで立ち上げたものです。 2019年に開始される税控除のある延期年金制度は、香港の複数の保険会社の社員が提供する商品・サービスです。

では、この2種類の年金商品をどのように選べばよいのでしょうか。

公的年金は、60歳以上の香港永住者が一生涯の収入が保証された終身年金を購入する必要があります。 保険料は一括払いで、最低50,000香港ドル、最高3,000,000香港ドルの範囲内でお支払いいただけます。 毎月の年金配分は、被保険者の年齢によって決定され、保険料収入の105%以上を保証します。

Creditable Deferred Annuity Planは、若年層の方にご加入いただき、年金が支払われる際に被保険者が定期的に年金を受け取ることができます。 年金保険料は、全額または5年、10年、それ以上の分割払いが可能です。 納税者は、対象となる繰延年金保険料について、最高60,000香港ドルまでの税控除を受けることができます。

多くの市民社会では、個人の退職金が年金の重要な部分を占めていますが、中国政府から高齢者向けの手当を受けられるのも魅力的です。 そのため、多くの研究者は、企業の退職金制度の取り決めを検討する際に、OALAの資格を考慮することになります。

MRAの資格は、資産と収入の2つに大きく分けられます。 資産部分については、香港の年金保険料は資産評価から除外されており、保険スキームの現金価値も資産評価から除外されています。 したがって、いずれもoalaの資産評価には影響しません。 ただし、年金方式の定額年金はすべて収入に含まれるため、収入の計算には年金による収入を考慮する必要があることに注意が必要です。

注目の記事:

繰延年金の非課税プランは、この4つのポイントを押さえています! 大幅に節約できるので、ぜひチェックしてみてください。

政府はMPFの任意拠出金の控除上限を6万ドルに引き上げることを提案!

香港の社会保険会社の年金保険で老後の生活設計をサポート!

老後の生活保障は? この2つの年金について調べてみましょう!しかも、税金控除の対象になります!

調査:香港の回答者の75%が退職後のための貯蓄を開始!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント