スマートトイ:新たな機会と課題!

43.jpg

子供用玩具市場では、玩具製品そのものの技術が、スマート玩具市場のさらなる発展につながっています。

子供用スマートトイの企業も現実を認識する必要がある

蔡加赞国内のスマートトイ市場では、自社ブランドがないことが最大の問題となっています。 国内では、市場に影響力を持ち、知名度の高い自社ブランドを持つ企業が少ないため、スマートトイメーカーが一流の製品を生産しても、市場から相応の利益を得られないことに直結します。

また、自社開発製品の中には、そのイメージから活力や魅力に欠け、市場でのライフサイクルの長さや付加価値のリターンの大きさが得られないものもあり、より多くのメーカーの熱意や創造性を結集することが難しい。 長い目で見れば、国内のスマートトイ市場は過酷な試練に直面することになるでしょう。

もちろん、スマートトイも高い技術力に支えられており、メーカーに一定の収益をもたらすことができることも見ておく必要があります。 機能面では、おもちゃと子どもの間の感情的なコミュニケーションだけでなく、子どもの感情的なエスコートの領域でも、知能とインタラクティビティがスマートトイの最も重要なペインポイントの2つになっています。 スマートトイは、子どもたちの良い習慣を育み、楽しく学び、人生を経験することができ、真に教育と遊びの目的を達成することができます。

玩具メーカーは、電子機器やコンピュータ、ネットワークなどの高度な技術を玩具製品に埋め込み、従来の玩具の限界を打ち破り、「聞く」「話す」などの機能を持たせ、人との対話を可能にした。

今後のスマートトイ市場

インテリジェントなエンド・ツー・エンドのリモートコントロールを実現することができる。

リモコン玩具は市場で大きなシェアを占めていますが、スマート端末爆発物の増加をきっかけに、携帯電話を利用したスマートコントロール玩具が台頭してきており、今後のリモコン玩具製品の開発の方向性となっています。

テクノロジーの発展に伴い、インタラクティブなハイテク玩具が徐々に開発の主流になってきており、コンピュータ技術と玩具の融合は、玩具企業にとって今後のイノベーションの方向性となっています。 技術の習得はまだ初期段階であり、大規模な端末の遠隔操作を形成することは難しい。

玩具市場は徐々に改善・強化されており、今後の成長性や市場規模は特に魅力的です。

テクノロジーの急速な発展は、私たちの生活に無限の利便性をもたらすと同時に、生活にさらなる楽しみをもたらしています。 子供用玩具市場では、玩具製品自体のテクノロジーが、スマート玩具市場のさらなる発展をもたらしています。

注目の記事:

チャネル統合が進む中、玩具メーカーは新たな成長機会を掴む必要があります!

オンラインチャネルでおもちゃに新たな成長をもたらすことができるのは誰か?

香港のメーカー、中国の玩具市場に強気

玩具業界の新たな機会と課題はどこにあるのか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント